保険のご相談 F&Mコンサルティングジャパン


ここでは、保険の考え方を身に付けましょう。
皆さんの立場によってニーズ(必要性)が違います。まずは、自分の置かれている状況を把握してください。そして、自分のライフスタイルに合わせて保険を設計しましょう。


 保険(保障)はなぜ必要なの?

 皆さん、保険はなぜ必要なのでしょうか?
「もしも」の時!「もしも」とは、死亡・病気やけがで入院した時ですよね。もしあなたが亡くなった時に影響を与える家族がいるかいないかで、将来の保障が変わってくるのです。独身なのか、結婚して子供がいるのか?要するに、皆さんの置かれている状況によって掛け方が異なります。そのことは、把握していましたか?よく判らないのが本音ですよね。では本題に入りましょう。(ここから、保険ではなく保障と置き換えます。)

 

 独身のあなたなら・・・

 もしこれを読んでいるのが大学を卒業したばかりのあなたなら、大きな死亡保障はいりません。また、独身者も同じです。毎月、しっかり貯蓄をしましょう。30歳までに1000万円貯めるように計画を立ててください。保障を考えるなら、300万円の積立利率変動型終身保険に、医療保険入院5千円くらいつければ良いでしょう。
 

 既婚者のあなたならココ!

 
 もしこれを読んでるのが結婚して子供が生れるところなら(生れたら)、ここが本来保障を真剣に考えるところです。あなたがサラリーマン(平均報酬月額26万円の場合)なら、月々の給料から高い金額の厚生年金が天引きされてますよね。万が一ご主人が亡くなられた場合、この制度から年間に遺族年金約80万円と厚生年金約45万円、そしてお子様一人に対して約23万円(二人目にも23万円、しかし三人目以降は約7.6万円に減額されます)が支給されます。合計すれば、一人のお子様のいる家庭では、1年間にもらえる総支給額は約148万円(※ただし、お子様が18歳になるまでの限定)が支給されます。ここで注意していただきたいのが、遺族年金約80万円とお子様に対しての約23万円の支給は最後のお子様(末っ子)が18歳になると(この年の3月末に)終了しますので、ご注意ください。厚生年金は同額で永年続きます。以上のことを踏まえて、保障額を算出します。
 そうすると、保険に加入していなくても月々約12.3万円は保障されているのです。ご存じだったでしょうか?
後は、あなた(残される奥様)の生活費がいくら必要かで、不足している保障金額を保険という手段で調達すればよいのです。(よって、人それぞれ保障の内容が違います。)詳しく診断をご希望の方はメールにてご連絡ください。
以下のサイトで詳しい数字が記載されています。
http://www.sia.go.jp/outline/nenkin/chishiki/ch0503.htm
  PCと携帯どちらも最新な
情報を毎月配信致します。
登録の方は下記の登録フォームに入力してください。
 
   
   
 

INCE 2007 COPYRIGHT(C) F&Mコンサルティングジャパ ALL RIGHTS RESERVED.